快適性と遮音性を高めるためのリノベーションのこつ

快適性と遮音性を高めるためのリノベーションのこつは、床材の性質をきちんと把握して、自分のライフスタイルにマッチしたものを選ぶようにすることです。

快適な住生活を送るには、その住宅を建てる場所の気候に対応できる素材の床材を選ぶことが重要です。

国内に住む場合は、夏の高温多湿を緩和でき、かつ冬の寒さをあまり感じさせない素材の床材がよいとされています。



リノベーションでは、細かい機能も重視して床材を選ぶようにもしたいものです。

滑りにくく、普段のメンテナンスもしやすい素材や、遮音性にすぐれた床材を選ぶとよいでしょう。


洗面所やキッチンなどの水まわりの床材には、特に耐水性の高さやメンテナンスのしやすさを重視するのが望ましいです。

リノベーションをするときには、床のデザインと壁、天井のデザインがちぐはぐなものにならないように配慮しましょう。
落ち着ける部屋にしたいときはすべて同系色の色に仕上げるとよいですし、動きのある部屋にしたいときは、反対色の色を組み合わせてみるのもよいでしよう。
また、リノベーションで木の素材の床材を使いたいときは、特徴をよく把握してから選ぶようにしましょう。

木材の床材にはフローリングとコルクがありますが、どちらも違った特徴を持っています。



フローリングには単層のものと複合のものがあり、単層は質感のよさと歩きやすさが最大の特徴となっています。

複合は合板と集成材を張り合わせたものですが、無垢のフローリングのような質感のものもあります。

一方コルクは、保温性と吸音性にすぐれているのが大きな特徴です。



リノベーションに使えるコルクの床材には、天然ワックスで仕上げをしたものや、ビニールシートで仕上げたもの、防音の性能を高めたもの、床暖房が使えるように対応したものなどがあります。


リノベーションに使える床の素材にはこのほかにカーペットもあります。
カーペットには刺繍のものと織ったものとがありますが、市販されているものの大半は刺繍のものとなっています。




Copyright (C) 2014 快適性と遮音性を高めるためのリノベーションのこつ All Rights Reserved.